国内取引のみの企業にiso取得は必要?

isoは国際規格になりますが、外国の企業と取引があるなら、特に信頼感があって心強いことでしょう。しかし、国内との取引のみの会社だとしてもメリットがないのではありません。iso規格で求めているのは、様々な仕事についてその手順を決めたり、言葉の定義をハッキリさせるようにすることです。つまり、社内の様々なことについてルールを定め、そのルールにのっとった運用ができているかを常にチェックすることを目的にしています。ですから、何か国際的な商品を作るために必要なものということではありません。
やることは、品質維持や情報管理など、目的に沿った組織体制の強化とそのための管理の仕組みを作ることなのです。そのため、iso側が要求する事項を満たしていけば、あとは自社の状況に合わせてisoシステムを構築していくことができるので、あまり窮屈なものではありません。終わってみると、当然のことを徹底しただけという印象を抱くことも少なくありません。
システムはすべて誰にでもわかる形で文書化し、その文書に基づいた管理をします。それによって、時期や個人によってその運用に違いが出ることを防ぎます。また、社外に対しても説明が容易になり、信頼を得ることにつながるのです。isoについてはそういった作業をしていくことですから、取引先などのことを考えずとも、自社にメリットがありますから、海外向けのものではないと覚えておいてください。

インフォメーション

ISO取得で組織が強くなる

isoというのは国際標準化機構というものを言いますが、それが各種の認定をすることで一定のサービスや品質の管理基準ができている企業という形で評価されるようになります。isoを取得するというのは、企業にとってはコストであり負担でもある反面、その信頼感がもたらすビジネスチャンスも少なくありません。特…

国内取引のみの企業にiso取得は必要?

isoは国際規格になりますが、外国の企業と取引があるなら、特に信頼感があって心強いことでしょう。しかし、国内との取引のみの会社だとしてもメリットがないのではありません。iso規格で求めているのは、様々な仕事についてその手順を決めたり、言葉の定義をハッキリさせるようにすることです。つまり、社内の…

iso認証は誰が責任者になるべきか

isoの取得というのは、基本的に普段行っている業務とは違います。そのため、誰かが責任をもって進めていかなければ、その途中で挫折して風化していってしまいます。誰が責任者となるのが適切かというと、誰でもよいと言えばよいのですが、全社での協力が必要となりますので、全社的に影響力を発揮することができる…

iso取得と信頼

iso取得という言葉には信頼があります。いくら会社が自分たちにはこんなルールがあって、それを遵守していると訴えても外からはわかりません。それを明らかにしてくれるのがiso取得なので、外部からも評価されやすいルールを決めやすいのです。きちんとした団体からのiso取得を行うことによって、確かな信頼…