ISO取得で組織が強くなる

isoというのは国際標準化機構というものを言いますが、それが各種の認定をすることで一定のサービスや品質の管理基準ができている企業という形で評価されるようになります。isoを取得するというのは、企業にとってはコストであり負担でもある反面、その信頼感がもたらすビジネスチャンスも少なくありません。特に海外企業との取引においては安心感が違います。そんなisoは責任と権限をはっきりさせてマネージメントをすることを求めるようになります。
標準化というのは、「この仕事はこのようにする」と決めることですから、誰か個人の職人芸によって成り立つ仕事というのがなくなります。ノウハウが整理されることや、また作業手順などが明確になることによって、仕事を誰でも同じようにできるようになります。これは将来的な企業の成長力維持のためにも欠かせないことです。業務がシステム化されることによって確認も用意となり、また全体で仕事をしているという一体感が出てくるために現場に活気が出てくることも多いです。
基本的にはPDCAサイクルを回しながら管理体制を強化していくことになりますが、こうしたことはできているようで十分にできていることは少ないため、管理や見直しのルールが定められることで管理職の仕事も明確化することができます。最初は大変ですが、組織力の強化につながりますので、機会があればぜひトライしてみると良いでしょう。

インフォメーション

ISO取得で組織が強くなる

isoというのは国際標準化機構というものを言いますが、それが各種の認定をすることで一定のサービスや品質の管理基準ができている企業という形で評価されるようになります。isoを取得するというのは、企業にとってはコストであり負担でもある反面、その信頼感がもたらすビジネスチャンスも少なくありません。特…

国内取引のみの企業にiso取得は必要?

isoは国際規格になりますが、外国の企業と取引があるなら、特に信頼感があって心強いことでしょう。しかし、国内との取引のみの会社だとしてもメリットがないのではありません。iso規格で求めているのは、様々な仕事についてその手順を決めたり、言葉の定義をハッキリさせるようにすることです。つまり、社内の…

iso認証は誰が責任者になるべきか

isoの取得というのは、基本的に普段行っている業務とは違います。そのため、誰かが責任をもって進めていかなければ、その途中で挫折して風化していってしまいます。誰が責任者となるのが適切かというと、誰でもよいと言えばよいのですが、全社での協力が必要となりますので、全社的に影響力を発揮することができる…

iso取得と信頼

iso取得という言葉には信頼があります。いくら会社が自分たちにはこんなルールがあって、それを遵守していると訴えても外からはわかりません。それを明らかにしてくれるのがiso取得なので、外部からも評価されやすいルールを決めやすいのです。きちんとした団体からのiso取得を行うことによって、確かな信頼…